運転中の腰痛


京都の交通事故むち打ち治療画像

皆さん、こんにちは!京都市 西京区 上桂さくら整骨院です。
これからの時期、帰省や旅行など、お車で遠出される事が多くなるかと思います。

今日はその車の運転中の腰痛についてです。

運転中、または運転した後に腰痛が悪化するという方は必見です!

 

 

運転中の座っている姿勢は立っている姿勢や、寝ている姿勢と比べ、腰や肩に大きな負担を与えてしまっているのはご存知ですか?

長時間同じ体勢が続くことで、筋肉の疲労や精神的なストレス、血流の悪さ神経の圧迫など多くの原因があります。

そもそも、座っている姿勢というのは、腰痛にとっては良くないのです。(詳しく書いている記事はこちらをご覧ください)

 

 

いざ、車から降りた時に腰痛がひどくなっていた、ギックリ腰になってしまったなどケガにつながりやすくなってしまいます。
そうならない為にも何をすべきでしょうか?

 

①まずイス(車なら座席)に深く腰を掛けて下さい。イスの下でかかとが太ももの下に来るように座るのがベストです。

②座席は少し前の方、そしてなるべく直角にセットしてください。ブレーキやアクセルを踏むために足を前に伸ばしているため伸ばせば伸ばすほど負担は大きくなります。あまり伸ばさずにすむ状態でセットすることで負担は軽減されます。
 

③あとは適度に休憩をとってください。目安としては30分もしくは1時間に1回はとるようにしてください。

 

以上が応急処置的にできることです。

ですがこれらはあくまで応急処置。

いつも車に乗ると腰痛が悪化するという方、そんな方は骨盤の歪みがあると思われます。

骨盤矯正をして、しっかりと根本から治療することにより、いつでも痛みのない身体を手に入れることができます。

骨盤矯正治療に関してはこちらをご覧ください⇒骨盤矯正治療
 こうしたところから1つずつでもやっていくことが大切になってきます。
ケガのないように過ごすためにも普段から気をつけて下さいね!