坐骨神経痛は取れます!


こんにちは、京都市 西京区 上桂さくら整骨院の京田です。

 

 

当院を受診される患者様のお悩みに、坐骨神経痛というものがあります。

テレビや周りの人が言っていたのを聞いたことがあるかもしれませんね。

 

image6[1]

 

 

図で見ると、坐骨神経というのはこの赤い線の部分に該当します。

脚全体を後ろにひいたり、膝を曲げる、足首を伸ばすなど、歩行や立っている姿勢を保つのに関与する神経です。

そして、お尻から太ももの後ろ~ふくらはぎにかけての感覚もつかさどっています。

 

 

 

さて、坐骨神経痛ですが、

本来の意味合いではこの神経の部分に何らかの問題が生じていることを指します。

 

例えば、

・椎間板ヘルニアや脊椎すべり症などにより物理的に神経が圧迫されている。

・神経に何らかの理由で傷がついている。

・生まれつき、お尻の筋肉や神経の形状により神経を締め付けやすい。

・帯状疱疹など、神経痛を発するウイルスに感染している。

 

原則としては、上記のような原因から発生するお尻から太もも、

ふくらはぎにかけての痛みのことです。

 

ですが、現在ではそういった原因由来の症状だけではなく、

なんかよく分からないけどお尻から脚にかけての痛みや痺れ、

の俗称のような意味で使用されていることが多くなっています。

 

整形外科を受診して、

MRIやレントゲンを撮って明確にヘルニアが存在してる…

というような場合ならば話は別ですが、

「原因がはっきりしていなくても坐骨神経の支配領域が痛いのならば坐骨神経痛だろう」という判断の元、

そういった診断がくだされることもあるのです。

それどころか、病院や整骨院を受診したわけでなく、

自己診断や周りの人の言葉等で

「自分は坐骨神経痛なんだ…」

と落ち込んでしまう方もおられます。

 

坐骨神経痛という名前だけが、

独り歩きしてしまっていますね。

 

 

私が今まで診ている中で、

坐骨神経痛と診断された方でも

神経に問題の無い方は非常に多いです

 

そういった方々は、

普段の姿勢や身体の使い方のせいで、

お尻や太ももの筋肉に負荷をかけて痛みを発しているのです。

その場合は、使い方や身体の傾き骨盤矯正で正し、

傷めた筋肉を治療することで改善します。

京都上桂さくら整骨院の治療では、

全身のバランスを独自の整体、

骨盤矯正によりもとに戻し再発しない身体をつくります。

 

 

京都市西京区、右京区、中京区で

坐骨神経痛でお悩みの方は、

ぜひ一度ご相談ください。

⇒⇒詳細はこちら