事故届をしないで処理をしても保険金って支払ってもらえるの?

事故届をしないで処理をしても保険金って支払ってもらえるの?

こんにちは!京都市西京区上桂にあるさくら整骨院です。

 

今回は、

事故届をしないで処理した場合の保険金の支払いの有無についてお話しします。

 

基本的には事故証明がないと保険金はおりません。

 

自動車の運転者(被保険者)が、交通事故を起こして保険金を支払ってもらおうとする場合、

交通事故を起こしたという証明をしなければ、保険金の支払いを受けられません。

証明する方法はいろいろ考えられますが、交通事故を起こすと多くの場合には、

警察が何らかのタッチをします。

 

また、道路交通法は交通事故を起こした自動車に対し、

警察に事故の届出をしなければならないことを定め、

届出をしないものには罰を科することにしています。

 

そこで、保険会社は、事故があれば警察に届け出るのが原則であり

当然、警察から交通事故証明が取れるのが原則だとして、

被保険者が保険金請求すると、事故証明を提出するように強く要求することになります。

 

この点、かつては取り扱いもルーズでした。

いわゆる事故証明なしでも、けっこう保険金が支払われていたケースもあったようです。

 

そのため、被保険者が被害者と称する第三者とグループになって、

交通事故が発生していないのに交通事故を起こしたとウソの申告をして、

保険金を詐取するという事があったようです。

 

その結果、事故証明のない車両保険金請求や対物保険金請求の中には、

相当数の疑わしい事件が含まれていることがわかり、保険会社としては、

自衛策として強く事故証明のていしゅつをもともるようになったというのが実情のようです。

 

それでは、警察の事故証明がないと絶対保険金の支払いがされないかというと、

必ずしもそうではありません。

 

例えば、自宅で車庫入れをする際、誤って車を破損したという場合などは、

事故証明が提出できないのが当たり前です。このような場合には、

事故証明以外で保険会社の人を十分納得させられれば、

それで保険金の請求はできるのですが、その証明はなかなか厄介なことと思われます。

 


例としてこういうことがありました。

自動車を運転中先行者が信号に従って停止したのに気づかず

追突事故を起こしました。〜さんは点数がもう2点しかなく、

人身事故をすると免許とりけしになります。

相手の怪我は少し首がおかしいと言う程度ですし、

車の修理代も10万賠償は全部しますから警察に事故届けをしないで欲しいと頼み、

承諾してもらいました。

ところが、相手は翌日から具合が悪くなり、むち打ち症で1ヵ月会社を休み、

その後1ヵ月ほど病院に通ってやっと治癒したのです。

このことを加入する保険会社に話したところ、事故届けをしていないと

事故証明が取れないので、保険金が払えないことがあると言われ、

驚いてしまうという事もあります。


 

ですので、必ず事故をしたら警察に事故届けをしましょう!

 

当院には、交通事故にあわれた方のための治療があります。

症状に合わせた治療をおこなうことが出来るのはもちろん、

身体を治すことに集中してもらえるように、交通事故の手続きや、

相手方との交渉、困った時に相談できる、

交通事故専門の顧問弁護士がいますので、安心して通っていただけると思います。

 

当院は、しっかりとした検査をもとに、症状の原因を追求し、

根本から施術して、お身体を回復させていきます。

 

さくら整骨院は、交通事故治療の実績がたくさんあり、経験も豊富ですので、

何かアドバイスできる事はあると思いますので、交通事故にあってお困り事があれば何でもご相談下さい。

 

さくら整骨院は西京区内で唯一、22時まで施術している整骨院です。

夜遅くても安心して交通事故によるケガの治療を受けることが出来ます。

 

 

骨盤矯正、整体、交通事故治療、ボタン、京都

京都市の交通事故むち打ち治療詳細