交通事故、警察が来る前に〇〇すると危険?

交通事故、警察が来る前に〇〇すると危険?

こんにちは、京都市西京区上桂、上桂駅降りてすぐのさくら整骨院です。

 

 

今日は、

交通事故にあった際に、やってはいけないことについてお話しします。

 


交通事故の直後は冷静な判断をすることが難しく、当事者同士では事故の原因となった過失がどちらにどれくらいあるか、明確にすることができません。

 

 

ケガや車の損傷状態も事故直後は不明瞭なことが多いです。

 

ムチウチの様に時間が経ってから症状が出たり、後遺症が残る場合もあります。

 

保険会社に入っているから大丈夫と、事故現場で賠償金の示談を成立させたとしても、保険会社が認めないケースもあります。

 

 

いったん示談してしまうと、原則としてやり直しはできません。支払うべき、受け取るべき、損害賠償の金額も、訂正できなくなるので、どちらかの不利益を生む結果となってしまいます。

 

よって、交通事故にあった際に、警察を呼ばずに示談してまうことは、危険なのです。

特に傷害事故の場合は、ケガの治療経過によって医師の診断を、待ってから示談交渉をすべきです。

間違っても相手が懇願したからといって、物損事故扱いにしてしまわないことも重要です。


 

 

さくら整骨院は、交通事故治療の実績がたくさんあり、経験も豊富ですので、何かアドバイスできることはあると思いますので、交通事故に遭いお困りごとがあれば何でもご相談下さい。

 

 

さくら整骨院は西京区内で唯一、22時まで施術している整骨院です。

夜遅くても安心して交通事故によるケガの治療を受けることが出来ます。

 

 

 

交通事故治療、骨盤矯正、整体、京都

骨盤矯正、整体、交通事故治療、腰痛肩こり、京都