☆四十肩・五十肩は二十歳でもなる!?


こんにちは、京都市 西京区 上桂さくら整骨院です。

 

 

 

年が変わって、みなさん口にされることの一つに「今年で〇歳になるわ~」というお言葉があります。

 

 

 

その中でも「私はもう40歳だから、このひどい肩こりは四十肩なの」「もう60歳になったのに五十肩になるなんておかしいかな?」といった疑問をお聞きすることも。

 

 

 

実は、四十肩・五十肩というのは単なる俗称で、

「その年齢の人のひどい肩こり」とは全く別物なのです。

 

正式には腱板損傷、あるいは肩関節周囲炎というものになります。

 

 

 

 

腱板損傷とは、肩の深部にあるいくつかの筋肉の集まり(回旋筋腱板)がなんらかの原因で損傷したものを指します。

肩関節周囲炎とは、

文字通り肩の関節やその周りの筋肉などに炎症が起こっている状態のことです。
この筋肉が傷ついたり、炎症を起こして機能しなくなると、

腱板の主な作用である肩の挙上に関する機能が低下してしまいます。

 

 

正確に言えば、腱板損傷と肩関節周囲炎は違う症状ですが

微細な腱板損傷を繰り返した結果肩関節周囲炎を引き起こす場合もあります。

二つを併発していることも多いのです。

また、損傷の段階によっても症状は異なります。

 

 

ですから、よほど(腱板の完全な断裂など)の場合でない限り、

患者さん側がどちらの症状であるのか細かく区別をつける必要はないかと思います。

もちろん、

治療師側は冷やしたり温めたりを筆頭に治療の方針が変わることもありますので、

きちんと検査をして把握しますので、ご安心ください。

 

 

 

 

では、ひどい肩こりとどんなところが体感として異なるのか。

そして、お家での応急処置の方法は何か。

 

まず体感としては、

「真横に腕を保てない」
「物を取ろうと手を伸ばしても肩が痛くて持てない」
「安静にしていてもズキズキする」

 

などが特徴です。

特に、安静にしていてもズキズキ痛む場合は強く傷めている可能性が非常に高く、

この時期に何をしているかでその後の経過が決まるといっても過言ではありません。

 

 

 

 

・まず冷やしてください。

冷湿布ではメンソレータムの成分でスーッと感じるだけで、実際にはそこまで冷えていません。なので、保冷剤などで物理的に冷やしてください。

(冷やしたり温めたり、どうしたら良いのかはこちらの記事を参考にしてください)

 

・安静にする

どの角度が痛いかな?と確かめたりせずに、必ず安静にして下さい。

何なら腕を三角巾で吊っても良いくらいです。

病院でもらったり市販されている痛み止めを服用する場合は注意が必要で

痛み止めを飲んで仕事などで動かすと、症状が悪化してしまいますので、

その点を理解した上で使用しましょう。

もちろん、無暗なマッサージやストレッチも厳禁です。

ただし、

ずっとその状態でいると逆に関節が動かなくなってしまいますので、

時期の見極めが大切です。

 

・早く治療を受ける

痛みが治まっても、内部の損傷は治り切っていない場合が大半です。

何度も痛みをくりかえしたり、この後更に悪化する可能性が高くなりますから、

すみやかに治療を受けることでその後、

症状がどれぐらい長引くかが大きく変わります。

病院に行かれた患者さんで、

冷やすことと湿布や痛み止めを処方されるまではよくあります。

ですがそこからはなるべく安静にしておいてね、

と言われて安静にしているけれど、なかなか肩が治らないとお悩みの方が大半です。

この先は、関節の整体治療や適切なマッサージ治療などが必要です。

そうすることで、肩が上がるようになります。

 

 

 

もしも、上記の症状にお心当たりのある方、ひどい肩こりだと思っていたけれど実は違うのかもしれないとお感じの方、痛み止めや病院に行っても解消できなかった症状のある方は、一度当院までご相談くださいね。

しっかりと検査をおこなって、適切な治療をいたします!

 

治療の一例を知りたいという方はこちらをご覧ください⇒詳細はこちら

 

治療のご予約をご希望される方はこちらをご利用ください%e3%81%94%e4%ba%88%e7%b4%84%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89(web予約)

%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89※日曜診療は15時まで、夜間診療は22時まで(月・水・金)になります。

 

当院は京都でも数少ない日曜診療、夜間診療をおこなっており、

肩こりや腰痛専門の骨盤矯正や整体の他にも、

交通事故治療専門のプログラムも口コミをいただいています。

京都市西京区以外にも、向日市、長岡京市、南区、伏見区、北区、左京区、

山科区、上京区、中京区、下京区、からも患者さんが来院されています。