足のむくみは骨盤のゆがみから!?


京都の整体骨盤矯正の画像

京都市 西京区 上桂 桂 嵐山 のみなさんこんにちは! さくら整骨院です。

 

 

一日の終わりにふくらはぎがむくんでブーツがきつくなった、という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

 

ふくらはぎが特にむくみやすいのには、どのような原因があるのでしょうか。

 

 

ふくらはぎと“むくみ”の関係とは

心臓から送り出された血液は細胞に酸素や栄養分を届け終えると、今度は二酸化炭素や老廃物、余分な水分などを回収しながら静脈やリンパ管を通って心臓に戻ってきます。

 

 

このとき、足に流れた血液は重力に逆らうことになるため、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液の循環を手助けします。

人間の下半身には70%もの血液が集まっており、この血液を心臓に戻すよう働いているので、ふくらはぎは「第二の心臓」ともいわれているのです。そのポンプの働きをするためには筋肉の伸び縮みが必要になります。

 

 

その筋肉がちゃんと伸び縮みできない場合があるんです!

 

 

それは骨盤が左右や前後に歪みがあると体の重心位置・バランスが変わります、そうなってしまうと身体全体にかかる負担の割合が変わります。

 

筋肉にかかる負担の割合が変わると、筋に過度な力が加わり、最終的に筋自体が硬くなってしまい回復力が下がります。

 

筋が硬くなると伸び縮みができないので、最終的にむくんでしまうんですね。

 

ですので、大事なことは表面的なマッサージ等をしているとその場はマシになるかもしれませんが、それであれば同じ事の繰り返しになり、結局むくみは取れません。

むくみの原因が骨盤のゆがみになっている方が多いので、骨盤矯正をしてあげることが大事なんですね!

 

 

その骨盤のゆがみから、肩こり腰痛の症状を引き起こす可能性が高くなりますので、お身体の詳しい検査をして自分の今の状況を知っておいた方がいいかもしれませんね。

 

少しでもむくみ、肩こりや腰痛で気になる方や、現段階でお困りの方は一度ご相談ください!⇒⇒詳細はこちら